【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

付き合いたてのカップル旅行で、結婚相手の相性を知る!

カップル旅行

付き合いたてカップルには旅行がおすすめ!


最近は婚活やマッチングアプリ等で出会い、恋愛よりも最初から結婚を意識して相手を探して、付き合い始める男女も少なくありません。カジュアルに出会える時代だからこそ実際に付き合い始めた時に「本当にこの人とこのまま結婚をしてもいいのだろうか?」と悩む瞬間もあるでしょう。そんな時に、「短期間で結婚相手としての相性を知りたい」と考える方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、個人的にオススメなのは、2人で旅行に行ってみることです。できれば1週間以上かけて自分たちで調べて計画を立てながら移動するような海外旅行、それもパックツアーではない個人旅行にチャレンジするのがおすすめです。ただ、会社員の場合はなかなか1週間以上のお休みは取りにくいですし、結婚前のまだ出会って間もない異性と海外旅行に行くのはハードルが高いかもしれませんから、まずはちょっとした温泉旅行、国内や近隣諸国へのパックツアーから試してみてもいいと思います。

現在はフリーランスで恋愛ガイドをしている私ですが、もともと旅行会社に就職していたこともあり、今も「恋するバンクーバー」という婚活女子向けの旅を企画しています。また、もともと10代の頃はアメリカで過ごし、現在はカナダ・バンクーバー在住で、海外事情や旅行には造詣が深いと自負しています。
 

カップル旅行をうまくいかせる3つの心得

カップル旅行

カップル旅行


そもそも付き合い始めたばかりの初めてのカップル旅行は、友達同士で行く女子旅とはまったく違うものです。お互いの暗黙のルールが確立する前ですから、何か失敗して嫌われないようにしなくては……といつも以上に緊張してしまうものです。

そこで、まずは初めてのカップル旅行をよりうまくいかせるアドバイスさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.旅行計画・プランニング編(移動や予約などの手続き、行き先プランなどの役割分担)

旅行の計画は、女性の方が得意で慣れている傾向がありますが、初めてのカップル旅行の場合、まずは提案した側がリーダーになると良いかなと思います。そもそも旅行好きでない男性は提案してこないので、言い出したのなら彼なりの計画やアイデアがあるはずなので、まずは彼のプランに乗っかる! というのが良いと思います。その中で自分なりにやってみたいことや行ってみたいところなどのリクエストを出すことは、彼のモチベーションを上げると思います。もちろん、予算オーバーだと知りながら高級ホテルやビジネスクラスでないとイヤ……というような一方的な負担となるようなリクエストは避けましょう。

2. カレへの気遣いや過ごし方編(すっぴんやメイク、素の出し方、男性の立て方)

当たり前ですが、旅行は楽しくが基本です! そのためには変に気を遣いすぎて気疲れしてしまうのは本末転倒です。まずはあなた自身が童心に返って、いっぱい楽しむことを心掛けてください。

初めてのお泊りの場合には、温泉だったり、寝る前のメイク落とし、寝起きの姿などを気にする女性も多いかもしれません。でも、以前も書いたのですが、男性は女性が思ってるほどすっぴんを気にしませんし、むしろ、濃いメイクを好む人は少数派です。なので、むしろこの機会に「お互いの素」を出せるかどうかのほうが重要であり、それが二人の距離を縮めるチャンスにもなると考えましょう。女性の方が見せたくないのであれば、わざわざ「眉ナシすっぴん」を見せるのは後にしても良いかもしれませんが……!

3. お金編(カップル旅行はワリカン? 年上彼や記念日はどこまで奢り?)

国内の温泉旅行、韓国や台湾、グアムなど近場の海外旅行の場合、「どこまで奢りが普通?」と悩む女性もいるようです。今の若い世代や同世代のカップルであれば、基本はワリカンと考えたほうが良いですが、学生と社会人であったり、5~10歳も年上の彼が誘ってくれたのなら、彼が手配するものは奢りと考え、素直に喜んでいいのではないでしょうか。

あいまいなのが不安であれば、「私にはグレードが高いから、もう少しリーズナブルなホテルでもいい?」などと自分が払うつもりで検討の上で提案してみては。そこで「記念日だから旅行代は僕が出すよ」「僕が誘ったのだから、飛行機代や宿代は心配しないで」という風に言葉にしてもらうと安心ですね。

ただ、その場合も100%奢られるのが当たり前の態度ではなく、現地のお茶代、レジャーなどに掛かる分は自分で出したり、彼の分を出そうとする気遣いを見せるのがいいでしょう。彼も金銭面というより、その気遣いが素直に嬉しいと感じるのでは、と思います。

また、最初の旅行が楽しめれば、その後、毎月2人で少しずつ旅行貯金をして、次回の計画を立てて盛り上がれば、より楽しみも増えていくのではないでしょうか。
 

付き合いたてのカップル旅行で結婚の相性がわかる、7つの理由

カップル旅行

カップル旅行


さて、話を戻して、「出会って間もない時期の旅行で、結婚の相性がわかる」ということについてお伝えします。

実は、私自身も結婚前に旅行をして結婚の相性を確信した経験者です。奥さんと出会って1か月半後に、2人でニュージーランドに完全ノープランな旅行に行くことになりました。2週間という時間をアウェーである海外で一緒に過ごしたことで絆が生まれ、結果的に、わずか半年で結婚に至ったのです。今でもその決断は、間違っていなかったと思っています。重要なのは、好かれるように取り繕うのではでなく、自分と相手の本質的な相性を知るということです。チェックしたいポイントがある、ということです。

そこで、出会って短期間でも旅行で結婚の相性がわかる理由をお伝えします。
 

1:素の人間性や自我を知れる

わずか数日といっても24時間一緒にいて生活を共にすれば、おのずとお互いの素の部分や自我、人間性が出てくるもの。取り繕っていない部分が、根本的に合うかどうかを短期集中で知るために、あえて旅行してみるのはひとつの手ではないでしょうか。逆に、会社帰りに食事だけ、週末にデートするだけでは、半年程度では相手の本質的な魅力はなかなかわからないような気がします。結婚を意識した適齢期の男女がアプリなどで出会った場合、何年も時間をかけてお互いを知ってから結婚するのは無理がありますので、短期集中で人間性の本質を知るにはいちばん近道と言えそうです。
 

2:結婚生活の疑似体験できる

結婚生活は、恋愛ごっこではありません。なので毎日の生活が始まれば、恋愛では隠せた素の部分をさらけ出すことになります。例えば、女性であればメイク落としてすっぴん&メガネ姿になったり、男性もだらしない姿をさらけ出すことは当たり前です。疲れて移動中に居眠りをしたり、寝起きのさえない表情を見せることもあるでしょう。そんな無防備で取り繕っていない姿を許し合えるかどうか、それを初めての旅行によって、疑似体験できるのです。
 

3:一喜一憂する感情や実体験を共にできる

旅行に行けば、観光などで同じものを観て、同じ苦労を共にすることになります。感動したり、海外ならではのハプニングあったり、現地で人の出会いにふれたり、2人だけの実体験を共有できます。そんな一喜一憂の共有は、まさにこれから始まる2人の結婚の縮図といっても過言ではありません。
 

4:食事の好みや考えを知れる

単なる食事とはいえ、数日~1週間ほど毎日3回続けば、お互いの価値観の相違点を探ることができるでしょう。外食であれば食の選び方や好み、お金のかけ方。長くステイする場合は、自炊や料理に対する考え方などが見えてきます。現地の変わったものや名物を食べたい人、普段通り安心感がある好きなものを食べたい人、お金をかけずにサッと済ませたい人、食事の時間をゆっくり楽しみたい人……良し悪しではなく様々な考えがあるでしょう。もしかしたら考えの違いから衝突したり、どちらかが我慢したり、別行動になったり、ケンカにもなったりするかも知れません。でも、結婚後も毎日続くことだからこそ知っておきたい、重要なポイントでもあります。この点は、食事付きのパック旅行や、旅館やホテルでは感じにくいかもしれませんが、バイキングの選び方や食事時間の設定などから、その片鱗を感じられることがあるでしょう。
 

5:段取り力や対応力の確認

海外旅行や個人旅行となれば、自分たちでプランニングし、地図や交通を調べたり、さまざまな苦労があります。道中が100%スムーズにいく保証はありません。飛行機が遅れたり、鉄道やバスに乗り遅れたりすることもあるでしょう。また、現地の言葉でコミュニケーションをしたり、ローカルな移動手段が必要になる機会も増えます。そんな時に自然とお互いの役割分担が生まれ、段取り力や対応力が発揮される絶好の機会になり、それが将来の結婚生活の姿に重なってきます。例えば、男性側が地図や交通などの段取りをし、現場で困った時には女性側が率先して現地の方に問い合わせるなどお互いの長所を活かし、2人の力で臨機応変に対応できたとなれば2人にとってのうれしい成功体験となるでしょう。
 

6:居心地の良さ、安心感を確かめられる

結婚生活において最も大事なことは一緒にいる時の居心地の良さと安心感です。恋愛はドキドキするときめきも大事ですが、そんな恋人の期間を越えて、結婚生活に入れば「家族」になっていきます。1日中長い時間を共にして居心地が良いのか悪いのか? 慣れないアウェーの地で安心感を感じられるのか? または、相手の言動や行動にイライラしてケンカが増えるのか? これらは今後の二人にとっては分岐点であり、相性の良し悪しのサインとなると言えそうです。
 

7:責任感や生きるタフさをチェック

結婚生活においては、解決していかなくてはいけない予期せぬトラブルが多々起こります。そんな時にそれぞれがそれぞれの役割で、解決に向けて動けるかどうかも重要です。旅行、とくに海外旅行や個人旅行であればそれが浮き彫りになるでしょう。例えば、言葉が通じない初めての旅行先でトラブルが起きた時、責任を押し付けたり、逃げ出したり、ミスを責めて怒ったりすれば、トラブル耐性に疑問符がつくかもしれません。責任感を持って対応し、生きるために必要なタフな一面を備え、困難があった時に明るくポジティブに考えられるかどうかをお互いにチェックできるでしょう。

以上、今回は付き合って間もないカップルが初めての旅行をうまくいかせる心得に加え、「旅行でわかる相性のポイント」もお伝えしました。

すべての読者の方が旅行好きとは限りませんが、自分が旅行であれば特に、結婚前に旅行に行ってみるのは重要です。そもそも相手が旅嫌いだったり、お金がもったいないという考えであれば、結婚してからの楽しみも半減してしまいます。それを含めて、結婚前に2人の価値観を意識して感じてみて欲しいのです。

「単なる旅行という娯楽」として考えるのではなく、お互いの価値観の共有度を知るための「婚前合宿」の意味で、ぜひ実践していただくことをおすすめします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});