【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は萩中ユウさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、萩中ユウさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「萩中ユウさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■萩中ユウさんプロフィール
今回の回答者:萩中ユウさん

今回の回答者:萩中ユウさん

1%も尽くさずに愛される「かわいい鬼嫁」のススメが大好評!

デート服専門のパーソナルスタイリストとして活動中、クライアントの恋愛相談に乗る中で「彼氏ができた」「結婚が決まった」という事例が続出。現在は、愛情表現をベースとした「伝え方」を武器に、女性が楽に愛され自由に生きる方法を広めるべく、愛妻コンサルタントとして活動。『「1%も尽くさない」で一生愛される 彼が私のファンになるかわいい鬼嫁のススメ』『欲張り恋愛論』他著書多数。

HP:http://yuhaginaka.com/
ブログ:https://ameblo.jp/youu-code/
Instagram:@yu_haginaka
 

お悩み:好みの男性とは友達止まりで、苦手な男性にばかり好かれます

お悩み:好みの男性とは友達止まりで、苦手な男性にばかり好かれます

お悩み:好みの男性とは友達止まりで、苦手な男性にばかり好かれます

■みどりさん(30歳・一般事務)のお悩み
好みの男性からは好かれず、苦手な男性にばかり好かれることに悩んでいます。
 
わたしは文系の大学院を出て、働きながら趣味で文化活動を行なっています。行動範囲が広く、社交的なほうなので、男性と仲良くなる機会はけっして少なくはありません。
 
しかし、好みの男性(精神的・経済的に自立していて、適当な自己肯定感を持っていて、言語的センスのある文系男子)とはいつも友達止まりで、苦手なタイプの男性(他人にマウントを取ったり、メンヘラで人に依存してきたり、自分の気持ちを言葉で十全に表現できない男性)にばかり好かれます。
 
仲良くなった好みの男性に対しては、遠回しにアピールしたことはありますが、「今は恋人を作る気はないんだよね」などとはぐらかされてしまいました。苦手なタイプの男性とも何度かお付き合いはしてみたものの、結局は長続きしませんでした。
 
どうしたら、自分の苦手な男性を遠ざけて、自分の好みの男性と付き合うことができるのでしょうか。
 

アドバイス1:目の前の彼は「完成形」じゃない

アドバイス1:目の前の彼は「完成形」じゃない

アドバイス1:目の前の彼は「完成形」じゃない

「なかなかいい人と出会えない」と悩む女性は、本当に多いですね。私の講座の受講生からも、同じような悩みをよく聞きます。それから「好きになれるのは、なぜかダメンズばかり……」と嘆く声も、少なくありません。
 
そんな悩みを聞くたびに、私はこう伝えています。「目の前の彼=完成形だと思わないで」と。
 
「他人と過去は変えられない」と言うし、私もそう思っていた時期がありました。でも今は違う。「恋愛については別」だと、自信を持って言い切れます。
 
男性は、好きな女性のためなら、変わり続けてくれるもの。事実、私の夫は、どんどん私好みに変わっていってくれました。

出会った頃ヘビースモーカーだった夫は、今では分煙のカフェでさえ「煙たいから」という理由でお店を変えるほど、タバコ嫌いになりました。髪型もファッションも、私好みのシンプルスタイルに。自分の話をするのが苦手だったころを思い出せないくらい、よく喋るようにもなりました(笑)。
 
これは我が家だけでなく、数多くの受講生たちも実証済みです。連絡不精だった彼が、LINEだけでなく電話も毎日マメにしてくれるようになったり。愛情表現が苦手だった彼が、サプライズで大きな花束をプレゼントしてプロポーズしてくれたり。

既婚者の受講生は、家事のすべてを彼女がやっていた時期もあったのに、今では「ご飯作るから休んでていいよ」と張り切って家事を楽しむご主人に変わられたそう。
 
どんな男性であれ、付き合い方次第で、ダメンズにも、理想の男性にもなりうる。だから、100%「ダメンズ」な男性なんて、いないのです。
 

アドバイス2:最初から満点の男性を見つけるのは宝探しのように不確か

もちろん、「好きになった人と付き合いたい」という気持ちを、否定するつもりはありません。片思いから始まる恋だって、素敵だということを知っているからです。
 
ただその場合、気に入った男性にアプローチしていくしかありません。でも、片思いを思いきり楽しめる女性って、実はそう多くないのです。
 
振り向いてもらうために一生懸命になるあまり、彼の顔色を伺って、言いたいことも言えなくて、落ち込んで、どんどん自信を失っていく。結局いつも悩んだり、落ち込んだりしてばかり。残念ですが、こういったケースは珍しくありません。
 
でも考えてみれば、最初から自分の好みぴったりの男性を見つけ、付き合うのって、宝探しのように不確かなこと。それなら、自分を好きになってくれた60点くらいの男性と付き合って、その男性を私にとっての100点に育てていくほうが、ずっと楽で、ずっと早く幸せになれると思いませんか。
 
だって、出会った瞬間からずっと100点満点の男性なんて、いないのです。もちろん外見の好みだけならいると思いますが、付き合うとなるとそこに加えて「付き合い方」「私の愛し方」「コミュニケーションの内容」など、いろんな要素が必要になってきます。

それに、1つ忘れてはいけないことがあります。それは「私の好みは日々変わるもの」だということ。人は毎日、毎時間、変化しています。新たな情報による好みの変化。自分自身だって、理想とする姿が変わるくらいですから、パートナーに求める条件だって変わるのは当然です。

そう考えたら「好みの男性と付き合う」って、ゴールじゃないということがおわかりになると思います。目指すべきは「不満のない関係を築き続けること」なのです。
 
「ちょっと気に入らないところがあったら離れる」そんな付き合いを繰り返すと、「2人の関係を育む」という経験がまったくできないまま、ただ時間だけが過ぎていってしまいます。それって、すごくもったいないこと。せっかくなら、もっと別のところに時間も気持ちも傾けるべきです。
 
そういう意味でも、「好きになってくれた人を自分好みに育てる」という方法を、選択肢の1つとしておすすめしたいのです。
 

アドバイス3:彼を育てるコツは「ちゃんと期待し続けること」

ではどうしたら、60点の男性が、自分にとって100点満点の男性になってくれるのか。一番大切なのは、「彼はもっといい男になる!」と、ちゃんと期待し続けること。そして、あなたの思いや願いを、根気よく伝え続けること。
 
具体的には、彼が少しでもあなた好みの行動をとったときに、すかさずキャッチして、全力で褒めて喜ぶことがポイントです。
 
たとえば、ネガティブなことばかりを言う彼なら、ポジティブな言葉を発するように、変わってもらえばいい。
 
彼が少しでも前向きなことを言ったら、「◯◯くんは、いつでもプラスに考えられるからすごいよね!」「そういうところ、本当に尊敬する!」。褒め方は、少しオーバーでいいくらい。
 
というのも、人って心理的に、一度自分に与えられた高評価を、簡単に下げるようなことはできないのです。「紳士だよね」と言われたら、無意識に紳士的な振る舞いをするようになるし、「きれい好きだよね」と言われたら、自然と整理整頓を心掛けるようになるもの。
 
また、評価を伝えることで、彼に「あ、そういうとこまで見られているんだ」という意識が生まれます。
 
もちろん、すぐに変わるわけではありません。時間はかかる場合もあります。でも、根気強くあなたの気持ちを伝え続ければ、必ず変化は現れてきます。
 
2人の関係を諦めないこと、逃げないこと、彼に思いっきり期待し続けること。それが彼女の役目なのです。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.連絡不精の彼。もっとやりとりしたいと言ったら断られました
Q.36歳、マイペースな彼氏。結婚は遠い話だと思っているようです
Q.既婚の女友達との上手な付き合い方がわかりません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});