この記事は私がまとめました

kakacom_111さん

塩もみ野菜とは?

ちょっと余っちゃった野菜をそのままにしていると傷んでしまうので塩でもみこんでストックするんですね!

「塩もみ」とは、塩の浸透圧で野菜の水分を抜き、味をなじませやすくする方法です。素材自体に薄く塩味がつくほか、歯ざわりや風味もよくなります。

塩揉みには、保存性が高まったり野菜の摂取量が増えたりするなど、忙しい現代人には嬉しい効果もたくさんある。料理初心者の方でも、旬の良質な野菜と美味しい塩を使えば美味しく仕上がるだろう。

基本の『塩もみ野菜』の作り方

塩もみ野菜を知らないという方のために基本の作り方のご紹介です。

塩と野菜だけでできる簡単手軽な保存食になりますので冷蔵庫の中で眠っている色んな野菜で試してみてくださいね!

■材料

野菜

塩揉みに必要なものは、野菜と塩だけだ。野菜はひとつの種類でもいいし、複数の種類を混ぜてもいい。

(1) 切った野菜に塩を振り、手で揉み込むように混ぜる。
(2) 水気が出てきたらしっかりと絞る。これでもう、出来上がり。

塩の量は、野菜200gに対して小さじ1/2強(4g)が目安。この量だと薄いお漬け物程度の味がつきます。さらに濃い味付けなどをする場合は塩を少なめにするなど調節しましょう。

塩もみ野菜アレンジ【豚バラと白菜の塩ガーリック炒め】

塩もみ白菜を使うから炒め物も5分で出来上がります!しかも白菜にしっかりと味がついているから調味料も控えめでOK!
■《材料》(2人分)

⚫︎ 豚バラ薄切り肉(食べやすく切る)・・・150g
⚫︎ 塩もみ白菜(*)・・・1/3量
⚫︎ にんにく(みじん切り)・・・1片
⚫︎ 菜種油・・・小さじ1
⚫︎ 酒・・・大さじ1
A 醤油・・・小さじ1/2
A 塩、こしょう・・・少々

①フライパンに菜種油を弱火で熱し、にんにくを炒める。香りが立ったら中火にし、豚バラを加えて更に炒める。
②豚バラの色が変わったら、軽く水気を絞った塩もみ白菜と酒を加え、サッと炒める。
③Aを加えて味をととのえたら出来上がり。お好みでレモン汁小さじ1をふっても美味しい!