【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

口説かれ上手な女性になるには

口説かれ上手な女性になる

同世代の彼に、「物足りなさ」を感じていませんか?
 

オンナに生まれたからには、一度は思い切り口説かれて、お姫様のように甘やかされるのも一興。では、口説き上手な相手とはどんな男性かと考えてみると、ズバリ「経験豊富な年上男性」が適任でしょう。

一見、「オジサンにチヤホヤされて浮かれている」というようにも見えるかもしれませんが、目上の男性に「上手に」口説かれることで、オンナとしての意識も高まっていき、女性はキレイになるものです。

特に最近、20代の女性と50代の男性のカップリングをよく目や耳にしませんか? 不倫自体は否定しませんが、ズブズブの不倫関係を肯定するつもりもなく、ちょっとしたデート相手や食事の相手、もしくは、大人の社交場でのゲームとしてのカップリングです。

なぜ、このような組み合わせが増えているのでしょうか?
20代の男性はまだ仕事やプライベートに余裕がなく、当然経済的にもこれからががんばり時というところ。しかも、最近は、女性に積極的でない草食男子が増えつつある上、結婚願望や恋愛願望すら薄い若い男性も少なくないようです。
その点、50代の男性は、バブルを経験した遊びなれた世代で、かつ人生経験を積んだことで、精神的にも経済的にも余裕があります。男性はいくつになっても若い女性が好きですから、20代の女性というだけである程度、高ランクの年上男性にもエントリーしやすいのです。

さらに、20代~アラサーの女性が、余裕のある年上男性と付き合うことの利点を考えていきましょう。
 

年上男性にオンナとして求められることで、女性は輝きを増す

年上男性に口説かれるには

自分を高めてくれる相手とのコミュニケーションを。(c)Audio-Technica_UK

精神的にも経済的にも余裕がある年上男性は、気に入った年下女性を怒涛の勢いでホメちぎります。

「こんなに素敵な人がいるなんて! 君に会えて僕は幸せだ」
「君は最高の女性だ」
「女優さんみたいだね! いや、それ以上だ!」
こんな歯の浮くようなセリフを真っ直ぐ目を見て堂々と言えるのは、年の功か自信の表れか……?

最初は「なにそのセリフ!? 恥ずかしい!」と赤面していても、口を開くたびに紡がれるホメ言葉にやがて心地良さを感じることでしょう。

さらに、「こんな素敵な女性を一人で夜道は歩かせられないよ」と必ず車で送迎してくれたり、うっとりするような夜景の見えるレストランでとろけるようなディナーをごちそうしてくれたり、過保護なまでのエスコートは女性をお姫様気分にさせてくれます。

このようなキザなエスコートも、遊び慣れた年上男性からすれば、自分が若い頃からしている「女性とのコミュニケーションの集大成」というだけで、特別な意味などないのかもしれません。ですが、20~30代の女性からすれば、同年代の男性とは明らかに違う「包み隠さず分かりやすい好意」と「これでもかというほどの賞賛」は、オンナとして求められることで、ある種の「快感の波」を呼ぶことでしょう。
 

年上男性は女性の外面も内面も磨いてくれる

口説かれ上手な女性

大人にしかできないエスコートを味わってみる?

年上の男性というと、同年代の男性よりも経済的に余裕があるもの。プレゼントをくれるのではないかと期待する女性もいるかもしれません。実際に、私の周りでも、洋服や香水、ジュエリー、靴、鞄、エステ券などを贈られた女性がいます。

そもそも贈り物こそ、経験値がものをいうところ。年上男性は、プレゼント選びのセンスもさることながら、プレゼントの仕方もスマートな人が多いようです。

たとえば、デート中に突然、女性が持っていた鞄のブランドのブティックにフラリと立ち寄って、「この靴、その鞄に合うんじゃない?」とプレゼントしてくれたというエピソード。

このような年上男性がデート相手なら、一緒にいるだけで外面が磨かれていくのは想像できますよね。

さらに、年上男性は経済的に余裕があるだけでなく、経験も豊富です。大人の社交場のようなバーや、同年代では考え付つかないデートコースなど、未知の世界に連れて行ってもらえることで内面のセンスまで磨かれます。

また、人生の先輩ともいえる経験豊富な男性の考えを知ることで、世の中が見えてくるような視点を学ぶこともあるでしょう。
トラブルが起きた時の対応や、取捨選択をする際の考え方、プレゼンテーションの仕方など、学ぶべきところはたくさんあります。一緒にいるだけで外面も内面も磨かれる経験値の高い年上男性は、若い女性にこそ最適なパートナーと言えるかもしれません。

さて、お気付きの方もいらっしゃるでしょう。
単に「年上」の男性というだけでは、そこまで自身が磨かれることはないでしょうし、単に隣にいればいいというわけでもないのです。

実は、男性側にも女性側にも「必要な要素」があるのです。
 

「尊敬する年上男性」と「素直で前向きな年下女性」

口説かれ上手な女性と年上男性

口説き上手のオジサマってどんな人?

どんなに口説かれても、嫌悪感のある男性からでは心地良くないでしょう。やはり、多少は好意や憧れ、尊敬の念がなければ、口説かれてもキュンとこないですよね。自分が「素敵だなあ」と感じる男性に口説かれてこそ、身も心も潤いに満ちるものです。

口説き上手で経験豊富で余裕がある年上男性といえば、多くの場合、以下のような特徴があると考えられます。
口説かれ上手な女性と年上男性の恋愛

めくるめくエスコートで、気分はプリンセス?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});