この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『万引き家族』で注目された城桧吏

『万引き家族』(2018)

城桧吏(中央)

昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞した映画「万引き家族」(是枝裕和監督)で注目を集めた俳優・城桧吏(13)。

父・治を演じたのはリリー・フランキー。母・信代役を安藤サクラ、信代の妹・亜紀役を松岡茉優、祖母・初枝役を樹木希林が務めた。そんな実力派俳優陣がそろうなか、ストーリーの核ともいえる役割である息子・祥太役を担った。

城は繊細な演技が求められる難しいテーマの作品でありながら、名優陣に引けを取らない演技で観客を魅了した。

◆7歳で芸能界入り 「スタメンKiDS」としても活動

スタメンKiDS「STAR★MEN SUMMER DAYS!」(2017)

2014年、男子小学生ダンスユニット「スタメンKiDS」のメンバーとして活動を始める。

Netflixのドラマ「僕だけがいない街」(17)で子役デビューし、映画「となりの怪物くん」(18)では主人公の兄の幼少期を演じた。

◆『万引き家族』後には大河ドラマなどにも出演

『西郷どん』(2018)

城桧吏

その後、NHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年、NHK総合ほか)に主人公・西郷吉之助(隆盛、鈴木亮平)の息子・菊次郎役で出演。

奄美から出ることができない母・愛加那(二階堂ふみ)と別れて薩摩へ渡り、西郷隆盛の息子として成長する菊次郎の悲しみや不安、健気さを繊細に演じ、視聴者の心を打った。

山崎賢人が主演を務めたヒットドラマ「グッド・ドクター」では病を抱えていることが判明する天才ボーイソプラノ歌手という難役に挑み。

2018年

◆そんな城が『都会のトム&ソーヤ』に映画初主演

はやみねかおるの推理小説を実写映画化した「都会(まち)のトム&ソーヤ」に城桧吏が主演する。

本作は、平凡な中学生・内藤内人と大財閥の御曹司で頭脳明晰な竜王創也の同級生コンビが推理と冒険を繰り広げるバディムービー。城は内人を演じる。

2020年春に撮影、2020年夏に全国公開される予定で、城は本作で映画初主演に挑む。

◆原作は小中学生に絶大な人気を誇る児童小説シリーズ

現在シリーズ16巻まで発売され、シリーズ累計180万部突破、「小・中学生で知らない子はいない」と言われる程の絶大な人気を誇る作品だ。

脚本は「おっさんずラブ」の徳尾浩司、監督は「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」の河合勇人が担当。

◆城らのコメントも届いた

城は「初めて主演をさせていただくので、少し不安でドキドキですが、皆様の期待に応えられる様に頑張ります!今までやったことのない役なので今からすごく楽しみです!明るくサバイバル能力に優れている内人になりきりたいと思います!!」と気合も十分だ。

「今回映画を監督させて頂くにあたり自分の中に眠っていたトム&ソーヤを縦横無尽に暴れさせて現代の子どもたちを巻き込んで新たな冒険に出てみたいと思います。さあみんな、スマホを捨て都会に出よう!」

河合監督のコメント

「はやみね先生の描かれる「都会のトム&ソーヤ」には、次々とページをめくりたくなるワクワク感が詰まっています。映画でもその世界観を大切にして、ぐいぐいとスクリーンに吸い込まれるような、躍動感の溢れる内人と創也の冒険をお届けできたらと思います。」

徳尾浩司(脚本)のコメント

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});