この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆細やかな演技で主人公を演じている黒木華

若手きっての実力派女優・黒木華(29)が主演するTBSの連続ドラマ『凪のお暇』(金曜午後10時) が好評を博している。

満足度調査「オリコン ドラマバリュー」では、7月期(7~9月)の連ドラの中で断トツのトップを記録中。2019年の全連ドラの中でも1位だ。

黒木華(はる)(29)は「空気が読めちゃういい人からの脱却を試みる主人公」を嫌味なく演じている。

若手女優のトップランナーの1人である黒木は、凪の葛藤や迷いなどの心象風景を細やかに表現している。

・年末には主演ドラマの続編SPが放送される 来年には映画も

出典thetv.jp

『みをつくし料理帖』

黒木華

黒木華主演ドラマ「みをつくし料理帖スペシャル」(夜9:00-10:13、NHK総合)が、12月14日(土)、21日(土)の2回にわたり放送される。同作は、NHK総合にて2017年に放送されたドラマ「みをつくし料理帖」の続編。

高田郁の同名時代小説を原作に、女料理人として夢を実現していくヒロイン・澪(黒木)の姿を描く同作。前シリーズの3年後が舞台の今作では、澪の想い人である小松原(森山未來)との恋の行方や、幼馴染の野江(成海璃子)との今後を占う吉原・桜の宴の出来事を描く。

松雪泰子が主演を務め、映画『勝手にふるえてろ』『美人が婚活してみたら』の大九明子監督がメガホンをとる映画『甘いお酒でうがい』の公開が決定。共演に黒木華と清水尋也を迎える。

2020年公開

◆放送前の不安視を覆す圧巻の演技を見せる高橋一生

なかでも話題となったのが黒木華さん演じる主人公である凪の元カレ・慎二役の高橋一生さんの怪演ぶり。

目の笑っていない笑顔は、狂気じみていてとても不気味。高橋一生の真骨頂ここにあり、といった圧巻の演技を見せる。その一方で、帰り道に、すれ違った人が二度見するほどのボロ泣き。

原作を知る読者からはキャスト発表当時こそ「慎二を演じるには年齢がやや上なのでは」と心配する声もあった。しかしいざドラマが放映されると、その心配はおろかあまりのハマり役に絶賛の嵐。

・出演映画公開中の他、年明けには主演映画&舞台も

出典eiga.com

『ロマンスドール』(2020)

公開が延期されていた、高橋一生&蒼井優共演の映画『ロマンスドール』の初日が2020年1月24日に決定。

高橋一生が主演を務め、来年2月から東京・日生劇場で上演する祝祭音楽劇・舞台『天保十二年のシェイクスピア』(2月8日~2月29日)。

2020年

◆天性の人たらしを演技力と存在感で魅せる中村倫也

当初は危険な香りと色気を持ち合わせており、天性の人たらしだったゴン(中村倫也)は、凪(黒木)の部屋の隣人。ある日凪を好きな気持ちを自覚しピュアなキャラクターに。

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});