節約のポイントは、液体の物を固形の物に変えるだけ

毎日使う洗剤やボディソープなどの消耗品に、いくらかかっているか、計算したことはありますか? 今回は、簡単にできる消耗品の節約方法を6つお伝えしたいと思います。ポイントは、液体の物を固形の物に変えるだけ。全部試してみると、かなりの金額の節約になります。
 

1. ボディソープ、ハンドソープ

ボディソープやハンドソープを、家族で使うとあっという間に無くなりますが、固形石鹸で代用できます。家族で使っても液体の石鹸よりも長持ちする印象です。石鹸は1つ100円位から売っていますので安上がりですよ。
 

2. 食器洗い洗剤

食器洗い用の、匂いがついていない固形石鹸もあります。スポンジで泡だてて、食器を洗うことができ、1つあれば半年以上は持ちます。値段も100円位。
 
食器洗い用の固形石鹸を使用

食器洗い用の固形石鹸を使用

 

3. 洗顔フォーム

顔を洗うのにも、固形石鹸で代用できます。よく泡だてて使えば、洗顔フォームより、すっきり洗えるので愛用しています。
 

4. シャンプー

シャンプーも、固形のシャンプーバーが売られています。髪の毛を濡らして、シャンプーバーを髪になじませ、泡立てて洗います。シャンプーバー1つで、およそ液体シャンプー1000ml分に相当するそうです。私は、J.R. Liggetts のシャンプーバーを購入しています。1つ700円位です。
 
シャンプーとリンスも、固形の物を使用

シャンプーとリンスも、固形の物を使用

 

5. リンス

リンスも、固形の物が売られています。洗った髪の毛に、なでつけて使います。1つで、およそ液体リンス1500ml分に相当するそうです。私は、ethiqueのコンディショナーバーを使っています。( 全国のコスメキッチンで購入可能です)1つ2000円位です。
 
液体石鹸を固形石鹸に変えて節約する

液体石鹸を固形石鹸に変えて節約する



 

6. 洗濯洗剤

洗濯洗剤は、「洗たくマグちゃん」を使っています。これは固形石鹸ではありませんが、マグネシウムの粒が袋に入っていて、これを洗たく物と一緒に入れて洗うと汚れが落ちます。2000円位しますが、300回は使えるので、液体洗剤を使うよりかなり節約になります。これだけで洗うのは不安な方は、洗剤を足しても使えます。その場合、洗剤は少しで大丈夫。
 
液体洗剤の代わりに「洗濯マグちゃん」を使う

液体洗剤の代わりに「洗濯マグちゃん」を使う



 

まとめ

液体の物を固形の物に変えると、消耗品費の大幅な節約になります。また、液体石鹸のように、どばどば出てこないので、使いすぎも減らすことができます。また、固形石鹸は、液体石鹸のようにストックする場所も取りません。包装もシンプルで、パッケージのゴミも減らすことができます。環境にも優しい選択です。


教えてくれたのは……
人気インスタグラマー
zerowaste.japanさん

ファイナンシャルプランナー(FP技能士1級)。大学卒業後、共済業務に携わる。その間、ファイナンシャルプランナー(FP技能士1級)を取得。また、出産・育児中に、「ゼロウェイストホーム」を読み、ゴミをできるだけ出さないように暮らす生活は節約になり、地球環境にも優しいことを知り、実践中。環境にも優しい、エコな節約術をInstagramのアカウント、@zerowaste.japan で発信中(フォロワー4.5万人)。

【関連記事をチェック】
人気インスタグラマーが教える!ガス代を驚くほど安くするアイテム
人気インスタグラマーが教える!節約効果バツグンの車なし生活!
人気インスタグラマーが教える!洋服代を劇的に減らす方法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});