9月コーデのNGポイントは「夏っぽさを引きずること」

色、素材、肌見せのバランスを調整するのが9月コーデのコツ

色、素材、肌見せのバランスを調整するのが9月コーデのコツ

8月から9月は、夏から秋へと季節感がガラッと変わる時期。まだ暑いにも関わらず、夏っぽい雰囲気が残っているとかなり目立ってしまうのがこのシーズンの特徴です。この時期に避けたいのは、夏っぽく見せてしまうアイテムやコーデ。ついついやってしまう、9月のNGコーデをご紹介します。
 

つま先や足の甲が多く出ているサンダル

夏っぽいキレイ色&サンダルの組み合わせは来年のお楽しみに……

夏っぽいきれい色&サンダルの組み合わせは来年のお楽しみに……

つま先が大きく出ているサンダルや、甲が多く出ていてヌーディーなサンダルは、夏っぽさが強いアイテム。特に夏っぽいビビッドカラーやリネン素材などの涼し気なボトムス&サンダルは、9月には浮いてしまうので、避けたほうがいい組み合わせです。

ただ、9月はまだ素足でOKな気温なので、あえて軽い足元に仕上げるというのはコーデによってはアリ。スエード調やレザーなど重みのある素材で、甲が覆われているけれどつま先がほんの少し出るくらいのミュールや、スリッパ風のサンダルをフルレングス丈のボトムスと合わせると、秋のはじまりにしかできない、おしゃれなバランスが楽しめます。
 

全体的にゆるく、ラフすぎるコーデ

Tシャツにカットオフのブルーデニム、足元はビーサンやコンバースというラフなカジュアルは、夏の太陽や空気感があってこそ映えるコーデ。たとえ残暑が厳しくても、9月に入ってもそのままのコーデでは、「おしゃれ感度の低い人」認定されてしまうかも。

薄手のカーディガンなど羽織りものをプラスするだけで秋感は演出できますが、それもまだ暑すぎるという場合は、靴やバッグなどの小物を秋テイストに変えてみて。それだけでも、9月にもぴったりのカジュアルコーデは作れます。

 

Tシャツの白さが際立つコーデは要注意

トップスと足元を落ち着かせて、秋らしさを少しずつ取り入れて 出典:WEAR

トップスの色を落ち着かせて、秋らしさを少しずつ取り入れて 出典:WEAR

白いTシャツは、定番のカジュアルアイテム。ただ、その白さが目立っているコーデだと、9月には浮いてしまう可能性が大。

たとえば、きれい色のスカートに真っ白のTシャツを合わせるコーデは、爽やかで春夏に大人気でしたよね。でも9月だと、なんだかTシャツの白っぽさが浮いているように見えてしまうことも。この場合はTシャツをベージュやブラウン、ネイビーなど、落ち着いた色味に変えると9月仕様のコーデに。

秋らしさが大事といっても、いきなり重たい色味でまとめてしまうと、それはそれで逆に浮くこともあるので、まずは目に付くトップスから落ち着いたカラーを取り入れて、少しずつ秋コーデにスライドさせていくのがおすすめです。
 

色と素材と、どちらも爽やかはNG! バランスに気を付けて

あえて黒など秋らしいコーデにカゴバッグを合わせるとおしゃれ度アップ 出典:WEAR

あえて黒など秋らしいコーデにカゴバッグを合わせるとおしゃれ度アップ 出典:WEAR

今はファッションアイテムも季節のボーダレス化が進んでおり、カゴバッグを秋冬に持ったり、ファーがあしらわれている春夏アイテムが登場することも珍しくありません。ただ、色も素材も爽やかだと夏っぽく見えてしまうので、色や素材、コーデ全体のバランスに気を付けて。

たとえば今年トレンドのリネン素材も、真っ白やきれい色では浮いてしまうこともありますが、ネイビーや黒、トレンドのブラウンだったら9月もまだ着られることが多いです。また、カゴバッグもニットやスウェット、チェックのアイテムと合わせて、おしゃれとしてあえて秋冬に持つ人も増えています。

春夏に買ったアイテムだからもうNG、ということではなく、全体のバランスを見て、落ち着いた色をプラスしたり、温かみのある素材を合わせることで、手持ちアイテムを生かしながら秋らしいコーデが作れます。

9月はまだ気温が高く、身につけるアイテム数も少なめなので、コーデのアレンジも簡単。ぜひ色々試してみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});