この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆岩井俊二監督作品で映画デビュー、一躍注目された蒼井優

『リリィ・シュシュのすべて』(2001)

蒼井優

福岡県福岡市出身の蒼井優は、14歳でデビュー後、雑誌「ニコラ」(新潮社)のモデルとして活躍。

2001 年には岩井俊二監督の「リリィ・シュシュのすべて」で映画デビューを飾り、援助交際する女子中学生役を演じて注目を集めた。

「花とアリス」(04)で初主演を務め、岩井監督の秘蔵っ子として注目される。

◆その後もキャリアを重ね、演技派女優として地位を固めた

『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)

蒼井優と阿部サダヲ

06 年に出演した李相日監督の「フラガール」で転機を迎える。ブルーリボン賞主演女優賞など数々の賞を受賞。キネマ旬報ベスト・テンでも第1位に輝くなど批評的にも成功を収め、自身も助演女優賞受賞を受賞し、注目度が一気にアップした。

「おとうと」(10)からは山田洋次組の一員となり、「東京家族」(13)や「家族はつらいよ」シリーズ(16、17、18)のメインキャストに名を連ねている。

2017年には映画『彼女がその名を知らない鳥たち』での演技で日本アカデミー賞主演女優賞を獲得するなど、演技派女優として確固たる地位を築いている。

◆今年、南海キャンディーズの山里亮太と電撃婚で世間を驚かせた

蒼井優と山里亮太

6月5日、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)が結婚を発表。

1年ほど前から食事をする仲であった2人は、この4月より交際を開始、わずか2カ月足らずでのゴールインと相成った。

◆そんな蒼井が18年ぶりに高橋一生と共演する『ロマンスドール』

俳優の高橋一生が主演を務め、ヒロイン役を蒼井優が演じる映画『ロマンスドール』の公開日が来年1月24日に決定。

高橋とは2001年の岩井俊二監督作『リリイ・シュシュのすべて』以来18年ぶりの映画共演となる蒼井優。

そのほか、きたろう、渡辺えり、ピエール瀧、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二ら実力派俳優が脇を固める。

◆原作は映画の監督も務めるタナダユキのラブストーリー小説

「小説の1行目から衝撃的」「ぐいぐい引きこまれた」「まさか泣けるとは思わなかった」など、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼んだ。

タナダ氏は08年には『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞し、ドラマ『昭和元禄落語心中』など多くの作品を世に放っており、本作でも自ら脚本と監督を務めている。

◆気になるストーリーは?

美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目ぼれして結婚した哲雄(高橋)が、彼女にずっと隠し続けていること、それはラブドール職人の仕事だった。

“夫婦の危機”が迫るかと思ったとき、園子も胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける。

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});