この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆推理小説の名作を東京を舞台にドラマ化する『シャーロック』

アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを、現代の東京を舞台にドラマ化するディーン・フジオカ主演新月9ドラマ「シャーロック」。

ディーンが原作でのホームズにあたる主人公・誉獅子雄役で月9初主演を務めるほか、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が相棒のワトソンにあたる若宮潤一を演じる。

脚本を手がけるのは、2003年版「白い巨塔」の井上由美子。そして「白い巨塔」や「昼顔」シリーズ、「マチネの終わりに」で井上とタッグを組んだ西谷弘が、本作のメガホンを取る。

・犯罪コンサルタントを演じるディーンはジュノンのファイナリスト

ディーン・フジオカ

フジオカが演じるのは、フリーランスの犯罪コンサルタント。幼い頃に犯罪心理や人間の原罪に興味を持ち、学生時代から不可解な事件の謎を解いてきた天才である一方で、自身も犯罪者になりかねない“犯罪衝動”を抱えた危険な男でもある。

高校時代(17歳) ジュノンスーパーボーイコンテスト ファイナリストになる。高校卒業後はアメリカシアトルへ留学。

「藤岡竜雄」名義

大学卒業後、香港でモデルとして活動開始。2005年、映画『八月の物語』の主演で俳優デビュー。その後台湾に拠点を移し活躍する。2015年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役で日本国内での人気が爆発。