甘くないお食事ケーキ「ケークサレ」はいかが?

フランス発祥のお総菜のようなお菓子、ケークサレをご存じですか。
ケークサレは、とても気軽に作ることができる甘くないお食事ケーキ。

今回は、一つのベース生地から作る3種類のケークサレのレシピをご紹介します。
お好みの具でオリジナルのケークサレを作りましょう。

ケークサレとは

ケークサレとは、フランス語で「塩のケーキ」という意味。
名前はケーキですが、甘さはほとんどありません。

卵・砂糖・塩・小麦粉・油脂などを混ぜたベース生地に、たっぷりの野菜・チーズ・肉・魚などを加えて焼き上げるお食事ケーキです。

フランスでは、各家庭で冷蔵庫にある余った食材を使って作られているそう。
日本人が冷蔵庫の余り物でチャーハンを作るような感覚でしょうか。

素朴で気取らない、生活に根ざしたお料理として愛されているケークサレ。
カフェやレストランでも、洗練されたデザインで提供されています。

バリエーションが豊富なところも魅力的です。
一般的に使われるのはパウンド型ですが、その他にもスクエア型・マフィン型・ホーロー容器など、さまざまな型で作られます。

余った食材を使って、お好みの型で焼ける自由度の高さがいいですね。

ケークサレのベース生地のレシピ

今回は一つのベース生地から3種類のケークサレを作ります。

まずはベース生地のレシピです。
手に入りやすい材料で作れる、とてもシンプルなレシピにしてみました。

強力粉を配合するため生地の骨組みがしっかりとし、具材をたくさん抱え込むことができます。

材料(1回分)

*1回分の出来上がり量は、17.5cmパウンド型・18cmスクエア型・6個取りマフィン型などに対応。

  • 卵…3個
  • グラニュー糖…10g
  • 塩…1g
  • こしょう…適量
  • 植物油(太白ごま油、オリーブ油など)…80g
  • 牛乳…30g
  • 薄力粉…100g
  • 強力粉…50g
  • ベーキングパウダー…5g

作り方

  1. 卵・グラニュー糖・塩・こしょうをボウルに入れ、ホイッパーでよく混ぜる。
  2. 植物油を加え乳化させ、牛乳を加え混ぜる。
  3. 強力粉・薄力粉・ベーキングパウダーをふるい入れ混ぜる。
    *混ぜすぎるとかたくなるので注意。
  4. ベース生地の出来上がり。

パウンド型で作るオーソドックスなケークサレのレシピ

具材を細かく刻むとオーソドックスなケークサレに。
子どもから大人まで食べやすい、どこかほっとする懐かしい味わいです。

材料(17.5cmパウンド型1台分)

  • 玉ねぎ…50g
  • お好みの野菜…50g程度
    *今回のレシピでは、カラーピーマン(赤・オレンジ・黄色)30gとアスパラガス20gを使用。
  • ベーコン…30g
  • ケークサレのベース生地の材料…1回分
おすすめのアイテム
シリコン加工 パウンド型 小

下準備

  • パウンド型にオーブンシートを敷いておく。
  • オーブンを170℃に予熱しておく。

作り方

  1. 玉ねぎ・お好みの野菜・ベーコンを細かく刻む。
    *今回のレシピと同じ野菜で作る場合、アスパラガスは刻まなくてOK。
  2. ベース生地に加える強力粉のうち、スプーン2杯分程度を1にまぶす。
    *生地に具材が沈んでしまうことを防ぎます。
  3. ベース生地を作り、2を加え混ぜる。
  4. 準備しておいたパウンド型に生地を半分ほど流す。
    アスパラガスを生地にのせ、残りの生地を流す。
  5. 170℃に予熱したオーブンで40分間焼成。
  6. 焼き上がったら、型ごと台に打ち付けて軽くショックを与える。
  7. 型から取り出して冷ましたら、出来上がり!

「ケークサレ」の詳しいレシピページはこちら

玉ねぎは味に深みが出るので、ぜひ入れていただきたい野菜。
その他の野菜はお好みのものでOK。

多少野菜の量が増えても大丈夫ですし、チーズを加えてもおいしいですよ。
フランスのお母さんになったつもりで、いろいろな具材で試してみてください。

スクエア型で作るきのこケークサレのレシピ

秋といえばきのこ。
バターで炒めただけで、お肉なしでも満足感たっぷりの秋のごちそうになります。

旬のきのこをたっぷり練りこんだケークサレはいかがですか?

材料(18cm角スクエア型1台分)

  • 玉ねぎ…40g
  • お好みのきのこ…160g程度
    *今回のレシピでは、マッシュルームとまいたけを使用。
  • バター…30g
  • 塩こしょう…適量
  • ケークサレのベース生地…1回分
  • 粉チーズ…30g
  • きのこ(飾り用)…適量
  • 粉チーズ(飾り用)…適量
  • ブラックペッパー(お好みで)…適量
おすすめのアイテム
HM スクエア型 18cm

下準備

  • 型にオーブンシートを敷いておく。
  • オーブンを170℃に予熱しておく。

作り方

  1. 玉ねぎときのこを適当なサイズにカットしてバターで炒め、軽く塩こしょうを振ってバットで冷ます。
    *飾り用のきのこは炒めなくてOK。
  2. ベース生地に粉チーズと炒めた具材を加えて混ぜる。
  3. 準備しておいた型に生地を流し、飾りのきのこ・粉チーズ・ブラックペッパーをのせる。
  4. 170℃に予熱したオーブンで30分間焼成。
  5. 焼き上がったら、型ごと台に打ち付けて軽くショックを与える。
  6. 型から取り出して冷ましたら、出来上がり!

「きのこのケークサレ」の詳しいレシピページはこちら

マフィン型で作るトマトケークサレのレシピ

ケークサレは、マフィン型で作るのもおすすめ。
作り置きしておけば、忙しい日の朝食やブランチにもぴったり。
手軽に食べられるサイズ感も魅力的です。

材料(6個分)

  • ほうれん草…50g
  • ベーコン…30g
  • ミニトマト…6粒
  • ケークサレのベース生地…1回分
  • 粉チーズ…30g
  • 粉チーズ(飾り用)…適量

下準備

  • マフィン型にグラシンケースを敷いておく。
  • オーブンを170℃に予熱しておく。

作り方

  1. ほうれん草はゆがいて細かく刻む。
    ベーコンは1cm角程度に刻む。
    ミニトマトは四つ切りにする。
  2. ベース生地に粉チーズ・ほうれん草・ベーコンを加えて混ぜる。
    *ベーコンは飾りでも使うので、少し残しておくこと。
  3. 生地をマフィン型に流し、ミニトマト・ベーコン・粉チーズを飾る。
  4. 170℃に予熱したオーブンで30分間焼成。
  5. 焼き上がったら、型ごと台に打ち付けて軽くショックを与える。
  6. 型から取り出して冷ましたら、出来上がり!

「ケークサレマフィン」の詳しいレシピページはこちら

ケークサレの保存方法

ケークサレは冷凍保存することができます。
食べやすいサイズに小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグなどに入れておくと良いでしょう。

食べるときは、電子レンジで解凍するか、自然解凍すればOK。
臭い移りなども気になりますので、冷凍でも大体2週間くらいで食べ切るようにしてください。

温かくても冷めていても、おいしく食べられますよ。
再冷凍は劣化するのでおすすめしません。

お好みの材料を使ってケークサレを作ろう


家庭で気軽に楽しめるケークサレ。
最近は野菜の形が残った、見栄えの良いケークサレが人気を集めているようです。

使う具材や切り方を変えて、お好みのケークサレを作ってみてください。

【おすすめの特集】ケークサレレシピケークサレレシピの特集はこちら
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});