チーズたっぷりのパンを作ろう

溶けるチーズと溶けないチーズ。
どちらもパンに使われることがある食材で、パンをおいしくしてくれますよね。

今回は、この2種類のチーズをふんだんに使った、ぜいたくなお総菜パンのレシピをご紹介します。

ナチュラルチーズとプロセスチーズ

チーズは大きく分けると、ナチュラルチーズとプロセスチーズに分けられます。

どちらのチーズもパン作りで使われることがありますが、これらはどのような違いがあるのでしょうか。

ナチュラルチーズ

生乳などを乳酸菌や酵素を加えて固め、乳清を取り除いたもの。
乳酸菌や酵素によって熟成する。

ピザ・ラザニア・チーズフォンデュなどに使われる溶けるチーズは、ナチュラルチーズであることが多い。

プロセスチーズ

1種類もしくは数種類のナチュラルチーズに乳化剤を入れて加熱して溶かし、再び固めたもの。
加熱されているため保存性が良い。

サラダやサンドイッチなどに使われる溶けないチーズは、プロセスチーズであることが多い。

2種のチーズを使ったパリパリパンのレシピ

今回ご紹介するのは、2種類のチーズを使ったぜいたくなお総菜パン。
溶けるチーズと溶けないチーズの両方をふんだんに使います。

材料(8個分)

  • 強力粉…200g
  • イースト…2g
  • 塩…3g
  • 砂糖…10g
  • バター…5g
  • 水…65g
  • 牛乳…75g
  • 黒こしょう…0.5~1g
  • 溶けないチーズ…80g
  • ベーコン…60g
  • 溶けるチーズ…適量

下準備

  • セルクルにオイルスプレーをしておく。
  • オーブンを焼成温度より20℃高い温度で予熱しておく。
  • ベーコンはカットしておく。

作り方

  1. こね機やホームベーカリーに強力粉~黒こしょうの材料を入れてこねる。
    こね上がり5分前になったら、生地をこね台などの上に出す。

    *使う機械によってこね時間は違いますので、調整してください。
    手ごねでもOKですよ♪

  2. 生地を広げ、溶けないチーズとカットしたベーコンをのせる。
  3. 生地を折りたたむようにして、具材を包む。
  4. 手でこねて具材を生地に練り込む。

    *具材の量が多いので、しっかり練り込める手ごねがおすすめ。

    こね機やホームベーカリーに、溶けないチーズとベーコンを入れてこねても大丈夫です。
    使う機械によるので、作りやすい方法で具材を生地に練り込んでください。

  5. ボウルに移してラップをかけ、室温で40分~1時間一次発酵。
    *室温によって発酵時間は前後します。
  6. 生地を6分割して軽く丸め直し、パンマットの上に置く。
    ぬれ布巾をかぶせて、約10~15分間ベンチタイム。
  7. 生地を手で軽く押さえて空気を抜き、丸め直す。
  8. 天板にオーブンシートを敷く。
    パン生地をのせる位置に溶けるチーズをのせ、その上にパン生地をのせる。
  9. 高さ2cm×直径10cmのセルクルを置き、35℃で約35分間二次発酵。
    生地が2倍以上の大きさになればOK。

    *今回はぺたんこに焼き上げるため、高さ2cmのセルクルを使用。

    これよりも高さがあるセルクルを使うとふっくら焼き上がるので、また違ったおいしさを楽しめますよ。

  10. 生地の上に溶けるチーズをのせる。その上にオーブンシートをかぶせ、鉄板をのせる。
  11. 焼成。
    ガスオーブン、約190℃12分間。
    電気オーブン、約200℃13分間。

    *お使いのオーブンによって火力は違いますので、時間と温度は調整してください。

  12. 出来上がり♪

「2種のチーズでパリパリパン」の詳しいレシピページはこちら

鉄板をのせて焼いていますが、パン生地はとってもやわらかくふわふわです。

熱々のうちに食べれば、やわらかくなった溶けるチーズが糸を引きます。
鉄板で焼き付けるため、表面はチーズのパリパリ食感!

焼きたてでも冷めてからでもおいしく食べられるチーズパンです。

チーズの風味と食感を楽しんで

パリパリのチーズとふわふわのパン。
2種類のチーズを使うことで、違ったチーズの風味を楽しむことができます。

ベーコンとこしょうがアクセント♪
とってもおいしいので、ぜひ試してみてください。

【おすすめの特集】Q・B・BチーズQ・B・Bチーズの特集はこちら
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});